病院

負けない身体になる

先生

がんの発生率は、将来的に2人に1人がなるといわれているほどがんは国民病となっています。また、がんという病気はその性質上とても転移率が高く転移が起きてしまうまでがんを放置しておくと完治するのはほぼ不可能といっても良い病気です。理由としては、全身に転移してしまい外的治療の手術がほぼ不可能な状態になってしまうからです。がんという病気は、発生した臓器の名前を頭につけてがんといいます。悪性腫瘍が見つかった場所が、肺であれば肺がん、胃であれば胃がん、脳におこるがんは脳腫瘍といわれます。このように、がんは様々な場所に発生することがある病気なのです。対応の仕方次第では、完治ができる病気ではあります。昔のように、不治の病ではなくなっています。ただし、早期発見が大事となる病気です。

早期発見をしたい理由としては、がんの進行が初期の段階の場合が切除や抗癌剤治療しやすいという理由が一つと、全身転移を防ぎたいという理由からです。内臓はそれぞれ別の働きをしていますが、血管やリンパで繋がっているのです。そのため、腫瘍近くの血管を通って転移をするということがよくおきる病気ががんなのです。胃がんが転移しやすい場所は肝臓であり、部位によっていろんな転移しやすい場所があるので医師はそういった点にも注目して治療を行っています。胃がんや乳がんの治療中には転移などに気をつけて生活をする必要がありますが、その時がんに効果があるといわれている食物を生活の中に取り入れるのも良い方法であるといわれています。

症状の違いがある

男性

がんが転移した場合は原発のものと症状が異なることが多いです。起こる部位によっては再発しやすい、他の部位にリンパや血管を通って腫瘍が運ばれやすいということもあるので気をつけなければなりません。

詳細を確認する...

男女両方とも気をつける

女性

もし乳がんが女性のものだけと考えていればそれは間違いです。乳腺は男性にも存在するので、男性もこのがんに気をつける必要があるのです。また、このがんはとても転移しやすいものなので早めの治療が必要です。

詳細を確認する...

医師選びのコツ

女性

がん治療は年単位となる場合があるので、信頼できる医師や通いやすい病院を探す必要があります。定期健診などで早期発見し、治療方法になっとくしながら完治の道を見つけ出すことができます。

詳細を確認する...